とはずがたり

写真日記
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 4/4 読書予定(笑)メモ。水野杏紀(あき)『易、風水、暦、養生、処世。東アジアの宇宙観』
    琥珀爺 (04/13)
  • 4/4 読書予定(笑)メモ。水野杏紀(あき)『易、風水、暦、養生、処世。東アジアの宇宙観』
    水野杏紀 (04/06)
  • Sさんが息子くん(6歳)と。
    柴田&Jr (02/12)
  • 昨日、なつかしい人と再会。高野義裕さんが「諫早通信」熊本の人間学研究所誌「道標」宮崎の詩誌「禾」を持ってきてくださった。
    たかのはい (05/22)
  • 昨夜は友人の婚約パーティーでイタリア料理『サリーチェ』へ。
    豆津橋渡 (07/09)
  • 読書メモ。椎名誠『海を見に行く』新潮文庫版H22 年刊
    りか (07/04)
  • 土曜日深夜番組がモーリシャス特集。ふとモーリシャス人と結婚して2人の子供とダンナで暮らしているみっちゃんを思い出した。
    琥珀爺様 (06/17)
  • 土曜日深夜番組がモーリシャス特集。ふとモーリシャス人と結婚して2人の子供とダンナで暮らしているみっちゃんを思い出した。
    みちこ (06/16)
  • 読書メモ。絶版だったのが復活。金子光晴『マレー蘭印紀行』高橋源一郎曰わく、最も美しい日本語で書かれた本。
    職務経歴書の事務 (04/18)
  • 読書メモ。伊坂幸太郎『3652 伊坂幸太郎エッセイ集a decade 』新潮社2010 年12月刊
    藍色 (11/23)
RECENT TRACKBACK
  • 読書メモ。伊坂幸太郎『3652 伊坂幸太郎エッセイ集a decade 』新潮社2010 年12月刊
    粋な提案 (11/23)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
三木一雄 郷土をゆく 復刻版
15271507813090.jpg
森川酒屋夫人(中高同級生)から、この本を贈ってもらった。
すばらしいのである。
凄く感動してね、もう、イシカワクンにぜひ贈らなくっちゃと言ってくれたのである。
すばらしい内容。
久留米の街の名所というか、作者の子供のころからのふだんに見てきた風景が、文章できりとられている。
写真もなつかしい。
ぼくが中高生だった時期に、この随筆集に添えられている写真は撮られている。
三木一雄さんという小説家がいたことは知っていたが、文章そのものとの出逢いはこの本が初めて。
いい仕事を残されたな、という感慨ひとしお。
小説のほうも読んでみたいなと思いながら、ちょうどこの本や、むかしの文芸誌『文学季節』を三木一雄さんと一緒にやられていた新昌良先生の話を夫人としているところに、三木一雄さんの息子さんがたまたま入ってみえたのでした。
ご一緒に角打ち。
今度三木一雄さんの小説を、森川酒屋さんに預けときますよ、ということに。
いい出逢いの日でした。
- | 17:51 | comments(0) | - | pookmark
映画メモ5/22
15270371024490.jpg
熊谷守一を描いた映画『モリのいる場所』
しずかで、いい映画でした。
しずかに観てきました。
日常、淡々。
脚本のもとになっているのは熊谷守一の著書『守一のいる場所』
シンプルな絵だ。
ネコやムシ。
いいね。
映画のラストで、家を空の側から撮ったショット、すきでした。
- | 10:07 | comments(0) | - | pookmark
映画を観るまえに
15270368658650.jpg
珈琲。
すこし読書して時間調整。
ときどき、基本を確認するために、ここへ寄る。
味の確認。

珈琲舎のだ。
- | 09:57 | comments(0) | - | pookmark
ふりかえって
15270365128400.jpg
福岡へでかけた。
ふりかえってわが家のほうをみる。
空がきれい。
雲が、夏は近いよ、と言っている。
定点をちょいと立ち止まって、確認。
福岡へ映画散歩。
『モリのいる場所』を観に行く。
- | 09:53 | comments(0) | - | pookmark
オムニバス映画
15266308798260.jpg
テンミニッツオールダー。
いろんな監督たちが短編を作っている。
各監督の個性が光っていて、面白いオムニバス映画となっている。
先日は、ジムジャームッシュの短編を観た。
おなじようにまたいい個性を光らせていたのが、フィンランドのアキカウリスマキ監督。
琥珀爺がいまいちばん好きな監督さんだ。
映画には、決まりごとのように、小津安二郎の赤いホーローの色が出てくる。
いい作家や監督に出逢うと嬉しいね。
- | 17:19 | comments(0) | - | pookmark
映画 LUCKY
15264600128130.jpg
火曜日、KBCシネマで午前11時から観てきました。
いい映画でしたよ。
ひさびさに、あ、この映画と「出逢えた」よろこびを実感しています。
いろんな選択肢のなかから、この映画をここでみると決めた本日の「運」に深謝です。
ハリーディーンスタントン。
九十歳。
タバコも吸う。
あさはヨガもする主人公が俗称「LUCKYラッキー」
現実的で一匹狼。
頑固で偏屈者です。
哲学的思索もします。
リアリズムの意味を辞書て調べたりします。
ラッキーの友人役で映画監督のデビッドリンチが出演しています。
ハリーディーンスタントン90歳が生涯最後の名演技をみせてくれます。
監督はメガホンとるのが初めての俳優ジョンキャロルリンチ。
素晴らしい作品作り上げたし、シナリオも最高ですね。
いろんなシーンが印象的です。
逃げたした百歳のリクガメ。
退役軍人が行きつけのカフェに入ってきたときな交わす会話。太平洋戦争に従軍したラッキー。
あまり役にたたない後方支援の弾薬はこぶ船に乗せられた主人公。まずは、死ぬことはあまりない花形じゃない部隊の任務についたから「ラッキー」という「あだ名」がついた。退役軍人との会話で沖縄戦のことが語られる。崖からとびおりる沖縄住民の話。そこに、微笑んでこっちを見ていた7歳の少女のはなし。その微笑みが美しかったこと。そして死んでいったこと。
そのはなしが布石となって、ラストのほうで仏教の「空」のはなしが出てくる。
「空」を自覚したら、どうする?という質問、ラッキーは「微笑む」のさ、と答える。
よくタバコを買いにいく雑貨屋の女性に、息子の誕生日祝に遊びにこないかと誘われ、メキシコ系移民の家に遊びにいく。歌が楽しいラテンのパーティでラッキーはスペイン語の歌を歌う。優しさに満ちた歌声なのだ。
ラストは砂漠でタバコを喫う主人公。
そして、「微笑む」。
かれが歩き去っていくところを、行方不明になっていた百歳の亀がそのあとを追って現れ、カメラはラッキーを追ってゆくリクガメの動きで映画のフィンとなる。
きみょうに笑えながらもジンとくるラストです。
- | 22:17 | comments(0) | - | pookmark
植木剪定
15262816839901.jpg
5/12(土曜日)
朝早くから、植木剪定。近所の孫友達たちが寄ってきて、枝切りした小枝や葉っぱをまとめてゴミ箱に入れる作業を手伝ってくれました。
- | 16:16 | comments(0) | - | pookmark
その2

15262811386870.jpg
じじの部屋で。

孫たちに机を占拠された。

アマゾンプライムのミッキーやアメリカのアニメ。
じじは琥珀亭カウンターで読書。
今日は母の日。
ご近所さん家族みんなでBBQ。

- | 16:07 | comments(0) | - | pookmark
朝、じじの仕事部屋で

15262806727360.jpg
孫たちが遊びにきました。映画はアニメ。アメリカの。日本語じゃなくて英語のままだけど、子供って、面白い。画が魅力的なのでそのまま英語で観て、たのしんでます。わかるわからないじゃなく、感じてわかるのが言語です。もちろん英語の勉強させてるわけじゃありません。自然に。それがいちばん。琥珀爺の環境のままに。

- | 15:58 | comments(0) | - | pookmark
ミントたっぷり
15261743725770.jpg
育てているミントがぎっしり繁ったので、毎晩、いま、モヒート。美味い。ヘミングウェイが一番好きだった飲み物。ラムの味と、やまもりのミントが絶妙。
これをのみながら毎晩映画。
自由時間、至福。
- | 10:25 | comments(0) | - | pookmark